きれい塾

自分に割く時間が減るともにおしゃれへの意識も減っていく。ほかの人のために頑張っている、はなまるなあなたを応援するサロン

結婚して家族になると、自分以外の人に時間を割かなければいけません。

女性は同時に2つ以上の事を考えて行動できると言われています。

自分と他人の行動を把握して何から先にやっていかなければいけないのか考えることができるのです。

また、子供に対しては母性が強く働いて、自分の事よりも優先するのが当たり前と思っています。

こう考えると女性って、強くてたくましいなと思います。

そういう女性を助けてくれる人がいればいいのですが、必ずではありません。

女性も一人の人間です。辛かったり、苦しかったり、投げ出したくなる時もあると思います。

仕事帰りに一杯やりたかったり、家にいて辛くて、飛び出してしまいたくなることもあるでしょう。

でもその時の自分の気持ちより明日の事を考えてぐっとがまんしてまた毎日を過ごしていきます。

やるのが当たり前、しょうがないと思って自分のことを後回しにしてしまうと自分を見失っていきます

家庭のこと、子供の学校・習い事なども含めてあなたの一日、一週間を書き出してみましょう。

自分に割いている時間はどれくらいですか?

自分の予定を入れることができるのは子供が学校に行っている平日の昼間だけではないかと思います。

もしお子さんがいない場合でも、仕事をされている方は、仕事と家庭を両立し、仕事がない方は、仕事もなく子供もいないから、せめて家にいて、家のことをきちんとやろうと思い込んでいることがあると思います。家事も十分立派な仕事なのですが…

やりたくないことをやらなければいけないのは男性も同じだとは思います。

でも、ほかの人の生活を支えるために自分の気持ちを心の中に押し込めて頑張れるのは女性だからこそきるのです。

子供はまだ手をかけなければいけない、でも家族の中には大人が2人いるのです。夫がいて父がいて、なりたっているのです。

だから少しでもいいので彼らにも手伝ってもらって自分の時間を持ちませんか?

手伝うとまではいかなくても妻が母が自分の時間をもつことに理解をもってもらいましょう。

理解してもらえなかった時はつらくても我慢せず、他人に頼りませんか?

応援してもらって、手伝ってもらって、自分らしさを取り戻しましょう

応援してくれる人、ほめてくれる人がいれば人は頑張れます。

それは家族に限ったことでなく、友達でも同僚でもいいのです。

褒められるところがないと思っているとしたら、手っ取り早く外見から変化していきましょう。

ファッションから変えれば、無理なくそして楽しく自分を取り戻せます。

友達でもなく同僚でない私たちはファッションの面から応援できます。じっくりあなたの話を聞いて、どうしたら魅力が引き出せるか考え、サポートします。

その第一歩として当サロンで開催している「きれい塾」に参加しませんか?

「きれい塾」では毎月テーマを決めておしゃれになるポイントをお伝えしているので、気軽に楽しく学べて、気づいたらおしゃれになっていけます。

月1回、自分だけの時間を持ちませんか?

ご参加お待ちしております。

きれい塾

お申込みはこちら

関連記事

  1. きれい塾

    お客様が必要としている情報は何か?本当に必要なものを提示するために必要な聞く力

    久しぶりに私にとっての高い買い物をしました。この仕事を始めてパ…

  2. きれい塾

    夏物第一弾!「きれい塾」で学んで購入したもの。

    この週末少し時間ができたので、夏物を見ておこうと思い、お店を巡りました…

  3. きれい塾

    自分だけのストーリーがこもったファッションを身に着けると、豊かな生活も身に付きます!

    「ファッション」というと、華やかで贅沢なイメージを持たれる方がいらっし…

  1. ライフスタイル

    当たり前じゃないことが当たり前になる未来。当たり前になる前に一歩先を行くことはワ…
  2. ファッション

    タイプが違う人とのショップ巡り
  3. イベント

    秋って何を着ればいいの?色は?素材は?秋はファッションで悩みます。
  4. メンタル

    「しすぎ」な積極性は不要です。40代は自分らしさを自然にアピールして毎日生き生き…
  5. 美容

    好きな色と似合う色が違ってきたと思っている人達に知ってもらいたいこと。それは加齢…
PAGE TOP